フロントスプロケットの摩耗 - 推進力が失われる可能性

 

BRP のお客様各位 

 

2022年5月に発行された前回の通知に引き続き、この改訂版の通知を、適用される法律に従って送付いたします。BRPは、以下の車両で安全に関わる欠陥が存在すると判断しました。そのため、BRPは安全リコールを実施致します。 

 

当社の記録によると、リコール対象の車両を所有されています。

 

予想される問題 

フロントスプロケットに欠陥があり、早期摩耗する可能性があります。時間の経過とともに、車両が推進力を失う可能性があります。車両が推進力を失うと、衝突のリスクが高まります。

 

どのモデルが関係していますか?

2015~2019 Can-Am® Spyder RTおよびF3の特定の車両です。

 

対処方法

  • 最終的な修理として、フロントスプロケットとスプロケットスクリューを交換します。  交換手順の所要時間は1時間未満です。

  • サプライチェーンの制限により、最終修理用の部品が、長期間にわたって非常に限られた数量で徐々にしか入手できなくなっています。

  • BRP認定のCan-Amディーラーにご連絡いただき、車両についての安全上のリコール措置を行う日程を決めていただくようになります。

  • BRPは、引き続き暫定修理手順を実施します。この手順は、最終修理用の部品の量が十分に確保されて交換できるようになるまでの暫定的対策です。この手順は最寄りのディーラーで実施可能であり、所要時間は1時間未満です。

  • BRPが車両を無料で修理いたします。

 

  • 摩耗は、使用時間の経過とともに発生しますが、車両によって異なります。推進力を喪失した場合、操舵機能と制動機能は維持されますが、速度を維持することができなくなります。最寄りのディーラーに、スプロケットとスプロケットスクリューの交換をご依頼ください。最終修理が行われていない状態で車両の走行を続ける場合は、ディーラーによる暫定修理手順の実施をお勧めします。

  • この車両をリースしている場合:

    • この手紙を受け取った日から10営業日以内に、本書のコピーを賃借人にお送りください。

    • この安全リコールに関する今後の手紙についても、同様にお送りください。

 

この通知が間違って送付されたと思われる場合:

この通知は、当社が保有している最新の情報に基づいてお客様に発送しております。

この車両を所有していない場合、またはお客様の名前や住所に関する情報が間違っている場合は、できるだけ早くBRPまでお知らせください。

 

お客様の安全を確保し、長きにわたって当社の製品にご満足いただくことが、当社の最優先事項です。ご不便をおかけして申し訳ございません。引き続きできる限りの対応をさせていただきます。

 

また、本件への早急なご対応ありがとうございました。 

 

敬具

 

BRPカスタマーサービス部門

車両に関するお問い合わせまたは最寄りのBRP  
Can-am販売店を検索するには下記のウェブサイトを参照してください:

 

www.brp.com