フロントスプロケットの摩耗 - 推進力が失われる可能性について

 

BRP のお客様各位 

 

この通知は、関連法に準拠して送付されています。BRPは、以下の車両で車両の安全に関係する欠陥が存在すると判断しました。その結果、BRPは安全リコールを実施しています。 

 

当社の記録によると、リコール対象の車両を所有されています。

 

予想される問題  

フロントスプロケットに欠陥があり、早期摩耗する可能性があります。時間が経過すると、車両の推進力が失われる可能性があります。車両の推進力が失われると、衝突のリスクが高まります。

 

どのモデルが関係していますか?

2015~2019年のCan-Am® Spyder RTおよびF3車両の一部

 

対処方法

  • BRPがお客様の車両を無料で修理いたします。

  • BRPが暫定修理手順を実行します。すべてのフロントスプロケットを交換する必要があるため、この手順は、フロントスプロケットの交換が可能になるまでの一時的な解決策として機能します。手順は、6月30日にお近くの販売店で開始できます。1時間未満ですむはずです。

  • サプライチェーンの制限により、最終修理用の部品は、長期間にわたって非常に限られた数量で徐々に入手可能になります。交換手順は、8月30日にお近くの販売店で開始する必要があります。1時間未満ですむはずです。

  • 摩耗は使用時間の経過とともに発生し、車両によって異なります。推進力が失われた場合、ステアリングとブレーキの機能は維持されますが、速度を維持することができません。スプロケット交換まで車両に乗り続ける場合、お近くの販売店に行き、暫定修理手順を受けることをお勧めします。

  • この車両をリースしている場合:

  • この手紙を受け取った日から10営業日以内に、この手紙のコピーを賃借人にお送りください。

 

  • この安全リコールに関する今後の手紙についても、同様にしてください。

 

この通知が間違って送付されたと思われる場合:

この通知は、当社が保有している最新の情報に基づいてお客様に発送しております。

この車両を所有していない場合、またはお客様の名前や住所に関する情報が間違っている場合は、できるだけ早くBRPまでお知らせください。

 

お客様の安全を確保し、長きにわたって当社の製品にご満足いただくことが、当社の最優先事項です。ご不便をおかけして申し訳ございません。可能な限りプロセスを迅速に進めることをお約束いたします。

 

また、本件への早急なご対応に感謝申し上げます。 

 

敬具

 

BRPカスタマーサービス部門

車両に関するお問い合わせまたは最寄りのBRP  
Can-am販売店を検索するには下記のウェブサイトを参照してください:

 

www.brp.com